福岡市能古島にあるNPOです。


by noconoco2007

<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6/23は今年に入ってはじめての野菜塾となりました。当日はあいにくの小雨模様でしたが、30名以上の方が参加されました。なお、昨年度に引き続きNPO循環生活研究所の波多野さん、平さんに講師としてご参加いただき、貴重なお話や実践例を教わりました。
 さて今回開催された野菜塾2007には、大きく2つのテーマが盛り込まれています。
まず、一つ目は能古島の竹害の実際を知っていただき、里山保全の一環としてタケノコを収穫してもらうことです。二つ目は、ベジファーム農場にある豊富な笹や腐葉土を使って、土地本来の微生物の力をかりて良質な堆肥つくり、おいしい野菜をつくることです。
 そこで今回のブログでの報告は里山保全活動を「その1」に、堆肥循環については、「その2」に掲載します。

NPO循環生活研究所さんは、福岡市内の公民館や菜園などにおいて家庭で出る生ゴミを堆肥化する技術の普及、循環生活にかかわる啓蒙活動をされています。特にダンボールコンポストの研究においては多くの研究成果を持っておられ、昨年度の野菜塾では実際に受講者がダンボール、籾殻燻炭などを使いコンポストを作りました。
【参照】http://noconocofa.exblog.jp/i3 
今回も堆肥循環にまつわるお話をはじめにしていただき、午後に設置する木枠コンポストの概要までを案内いただきました。
c0123095_465595.jpg

タケノコを湯がく際に出た残渣(ざんさ)は、すべて有用な堆肥の材料になります。また竹の笹や、落葉樹の葉っぱでできた腐葉土は、土地本来の微生物が多く生息しているため、皆さんでかき集めることにしました。
c0123095_4132439.jpg

c0123095_412532.jpg

c0123095_413238.jpg


 タケノコを湯がく作業が終わり、引き続き市民農園の一角に木枠コンポストを設置する作業です。先ほどの残渣のの他に、畑に茂っている雑草も有効な材料ということで皆さんで草取りを行いました。
c0123095_4163160.jpg
c0123095_416495.jpg

材料が揃ったところで、木枠コンポストの製作です。まずは竹をきって外枠の固定です。
c0123095_4183620.jpg

c0123095_4191890.jpg


木枠ができたところで、集めたタケノコの皮、腐葉土、雑草などをどんどん入れては、良質な堆肥を作るために米ぬかを入れていきます。
入れる際には、よく踏みしめてなじませる必要があります。この時、小学生の3人の男の子が一生懸命踏み込んでくれました!
c0123095_42658.jpg
c0123095_4261991.jpg
c0123095_4264379.jpg
c0123095_427068.jpg


こうしてできた堆肥は、今後市民農園に積極的に活用していく予定です。
また福岡市街地などでできたダンボールコンポストの堆肥も受け入れることで、堆肥を通したコミュニケーションが醸成できればと思います。
今mダンボールコンポストを活用されている皆さんには、ぜひ能古島の「のこのこファーム市民農園」まで遊びに来てください。

 今後、木枠コンポストの進捗状況を随時、ご報告したいと思います!
[PR]
by noconoco2007 | 2007-06-24 04:33 | 堆肥プロジェクト
6/23は今年に入ってはじめての野菜塾となりました。当日はあいにくの小雨模様でしたが、30名以上の方が参加されました。なお、昨年度に引き続きNPO循環生活研究所の波多野さん、平さんに講師としてご参加いただき、貴重なお話や実践例を教わりました。
 さて今回開催された野菜塾2007には、大きく2つのテーマが盛り込まれています。
まず、一つ目は能古島の竹害の実際を知っていただき、里山保全の一環としてタケノコを収穫してもらうことです。二つ目は、ベジファーム農場にある豊富な笹や腐葉土を使って、土地本来の微生物の力をかりて良質な堆肥つくり、おいしい野菜をつくることです。
 そこで今回のブログでの報告は里山保全活動を「その1」に、堆肥循環については、「その2」に掲載します。

 
c0123095_3175651.jpg

波多野さん、平さんのご紹介のあと、3班に分かれてさっそくタケノコ採りです。今回の竹の種類は、能古島に多く見られる真竹です。よく「タケノコ掘り」と言いますが、真竹の場合、顔を出したタケノコを折って収穫します。
c0123095_3232779.jpg

c0123095_3243374.jpg

採ってきたタケノコは、さっそく包丁でさばいて、端を切り、ゆでた時に破裂しないように切れ込みを入れます。
c0123095_326181.jpg

五右衛門風呂のような大きな窯に水を入れ、薪を入れて火をつけます。なかなか大変な作業です。
c0123095_3273874.jpg

窯が沸騰するまでは、ブレイクタイム。波多野さんからは残ったタケノコの切れ端がどのように土に帰るかの説明をわかりやすくしていただきました。
c0123095_3292680.jpg

ブレイクタイム中に、うれしいハプニングです。雨の日でしたが、カブトムシを見つけました!
c0123095_3303327.jpg

間もなくして、窯が沸騰し、ようやくタケノコを投入です。
c0123095_3313921.jpg

しばらくは、木をくべながら茹でます。この段階で12時となり、お昼ご飯を食べにあがりました。
 今日の料理は、あらかじめ1週間前に採ったタケノコをふんだんに使ったタケノコ料理です。
(なお、今茹でているタケノコは皆さんのご家庭に持ち帰ってもらいました。)
c0123095_3355883.jpg
c0123095_3361394.jpg

さて、お昼ご飯がおわり、茹でていたタケノコの取り出しです。慎重に取り出し、水で冷やしながら、タケノコの皮をむいていきます。
c0123095_3374197.jpg

皮をむいた中からは、クリーム色のおいしそうなタケノコが出てきました。とくに先端の方はとても美味しそうです!
c0123095_3392132.jpg


 あいにくの小雨ではありましたが、無事タケノコを湯がくことができ、皆さんが持ち帰るお土産を確保することができました。本当にお疲れ様でした!
[PR]
by noconoco2007 | 2007-06-24 03:42 | 里山保全プロジェクト
のこのこファーム市民農園の作付けも、その多くが実りを向かえ賑やかになりつつあります。一方で、形のいびつなキュウリや傷が多くて固いナスなどが大量に余っている現実も存在しています。
 そんな中、博多区の美野島商店街でコミュニティレストランをサポートされているNPO博多まちづくりのご好意により、今回市民農園の余りキズモノ野菜をふんだんに使った料理を、試行的に調理していただきました!
 このコミュニティレストランが所在する美野島商店街は、元祖博多の台所として、「鮮魚の柳橋」「野菜の美野島」と謳われるほど野菜と縁がある商店街です。
わたくし事務局の萩原が学生時代に社会実験の拠点として活動したこともあり、今回試行的取り組みにご協力いただきました。
c0123095_214852.jpg


作っていただいた料理は2種類で、モロッコインゲンを胡麻和えした小鉢とナスをふんだんに使ったお味噌汁です。
c0123095_21525553.jpg
c0123095_21532043.jpg
c0123095_21533612.jpg

コミュニティレストランを切り盛りする宮園さんにご協力いただきました。本当にありがとうございました!

今後、市民農園ではさまざまな作物が実りを迎えます。福岡市街地に住まれている方々も巻き込みながら、市民農園のお野菜のおいしい食べ方を探求していきたいと思います!
[PR]
by noconoco2007 | 2007-06-19 21:55 | コミュニティレストラン
農体験イベント(6/9)は、インゲン、キュウリ、ナスの収穫にはじまり、トウモロコシ、エダマメ、チンゲンサイ、水菜、落花生の直まきとこれまで以上に充実した内容になりました。
 午前中の涼しい時に、収穫を行い、その後うねの整地を行いました。
c0123095_7211887.jpg

c0123095_723317.jpg


収穫の際は、現在のニンジンの状態を調べようということでためし掘りも行いました。
順調に育っているようです!
c0123095_7231156.jpg

うねの整地の後に、どんどん種をまいていきました。
c0123095_7241174.jpg


さてお昼は、のこ野菜をふんだんに使ったハヤシライスです。とても好評でした。
c0123095_725587.jpg
c0123095_7251872.jpg

午後からは、6/23に開催される野菜塾2007のタケノコの収穫を前に、現在のタケノコの状態をためし掘りして、味を確かめました。
 今年は不作とのことですが、美味しい食べ方を野口さん(料理担当)に教わりました。
c0123095_7274526.jpg

c0123095_728092.jpg

[PR]
by noconoco2007 | 2007-06-09 07:12 | 農体験イベント